アジスロマイシンは少ない服用回数で殺菌

淋菌に感染することによって発症する淋病は、男性なら排尿時に激しい痛みに襲われるとともに膿が出たり、女性は分泌物が増えるなどの症状を引き起こします。放置をすれば合併症に発展してしまう危険性があるため、早急に治療を行わなくてはなりません。淋病は口腔や陰茎そして膣が触れるだけで感染する可能性があるため、淋菌保有者との性的な接触によって発症してしまうケースがあります。さらに、普段から抗生物質を服用していると耐性の高い淋菌に効果を発揮しないケースがありますので油断することはできません。そこでアジスロマイシンという薬剤が病院で処方されることが増えました。
アジスロマイシンはマクロライド系の抗生物質であり、少ない服用回数で淋病の原因である淋菌の殺菌を行います。たとえば1日に1回だけ3日連続でアジスロマイシンを服用すると、体内に長く薬効成分が留まるため1週間から2週間ほど効き目が持続します。淋病だけでなくクラミジアなどの他の性感染症に対しても高い効果を発揮しますので、治療がしやすくなります。アジスロマイシンは経口薬であり、通常の錠剤だけでなくカプセルや細粒もあるため多くの人が飲みやすい薬剤です。淋病の治療以外にも急性呼吸器感染症の症状の改善してくれるため、子どもが服用することもあります。
さらにこの薬剤の特徴としてアレルギーを引き起こしにくく、他の薬剤との飲み合わせもあまり心配する必要がないため、服用回数が少ないことも合わせて扱いやすい薬剤の一つとして広く使用されているのです。病院で処方される一般的なアジスロマイシンであれば、食事の時間と関係なくアジスロマイシンを服用できるため、1日1回という手軽さもあって飲み忘れることなく服用できます。
■ヘルペスの治療ならココが安い!
バルトレックスの一番安いサイト