淋病予防策としての避妊具、性の悩みは電話相談

淋病は近年再び感染者が増えつつある性病です。
かつては報告例が少なかったため、相対的に現代の淋病患者が増加しているように見える、との指摘もありますが、それでも依然として性病のリスクが日本国内において高い事の証明となります。
淋病は尿道の激痛や女性不妊のリスクとなる大変恐ろしい性病です。
しかし、予防策は既に複数用意されており、感染対策を施せば、そもそもリスクを抱える事がありません。

まず、一つ目に挙げられるのがセックス自体を避ける対策です。
主に性器から感染する淋病、異性または同性との性的な接触を避ければ、
そもそも物理的に感染する事はあり得ません。
ただ、効果的な対策である一方で夫婦間や恋人間でセックス回数をゼロ化するのは現実的ではないでしょう。

第二の感染予防策として挙げられるのが、お風呂やシャワーです。
性欲盛んな男女は、いわゆるシャワータイムを経ずに即座に挿入する事があります。
しかし、性器や人体の表面には性感染症の原因となる雑菌が必ず付着しています。
古今東西、セックスをする前に二人でシャワーを浴びる習慣がありますが、
それは体臭対策やムード作りのためだけではなく、淋病予防の効果も隠されていたのです。

そして最後の第三の淋病予防策ですが、避妊具の使用となります。
避妊具は基本的に望まない妊娠を無くすためのツールですが、
セックスの際やフェラ、アナルセックス、その他前戯の時に着用すれば、お互いの性器が必要以上に干渉せず、淋病の原因である濃厚な性器接触が回避出来ます。
フェラチオ専用の避妊具も販売されており、そういった行為が多いカップルには必需品です。

また最近では淋病を始め性的な悩み全般を質問出来る電話相談があります。
周囲の人々に聞けないのが性病の辛いところですので、電話相談のサービスは積極的に活用すべきです。
もちろん電話相談の内容は外部に漏れませんので、安心して受話器が手に取れます。